178Blog

猫じゃないチンチラのぼんやり飼育日記

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ハゲた…(;;)  

イナバの右目周辺がハゲてしまった!!!ナゼ!?(;;)

少し前に左目の調子が悪く、目ヤニとウルウルのせいで酷く痒がってたイナバ。
獣医さんに診てもらって目薬を処方され、点眼4日目くらいで復活の兆しを見せ
目の周りの毛も元通りになってホッと一息ついたトコだったのに…。

今度は右目。
砂浴び用の砂が目を傷つけちゃったのかな…?
前回の目薬がまだ残っているので、しばらく点眼で様子をみよう。
スポンサーサイト

category: 病気やケガのこと

tb: 0   cm: 2

イナバです。  

inaba

イナバと暮らして早10年。
チンチラの認知度も少しずつ高まりつつあるようだけど、
先日目薬をもらいに行った動物病院の看護士さんに
「可愛いウサギちゃんね~♪」と言われてしまい、ちょっと悲しい。

私とイナバっちの"今まで"と"これから"。
思いつく限りつらつらと書き綴って行きたいと思います。
写真はまだまだ若かりし日のイナバっち。毛並みもツヤツヤ☆


category: 日々のこと

tb: 0   cm: 0

イナバProfile  

inaba

名前 : イナバ (愛称はイナバっち)

誕生日 : 不明 (95年7月頃と思われる)

お迎え日 : 95年10月22日

好き : 無添加ドライレーズン、顎ゴロゴロ、部屋散歩、ドア破壊、壁紙剥がし

嫌い : 抱っこ、お尻を触られる、目薬、大きな音、ドライブ、知らない人

性格 : スーパークール

特技 : 隙間進入 (自己ベストは3cmの隙間)

病気 : 結膜炎もどきで目ヤニ (数回の抗生物質点眼で即完治)

怪我 : 鉄製の運動用滑車に尻尾を挟み裂傷 (自然治癒)

繁殖 : 今までもこれからもナシ


-- 続きを読む --

category: チンチラとは?

tb: 0   cm: 2

イナバHOUSE  

house

イナバはこんなケージの中で暮らしてます。(超シンプル)

 ■ケージサイズ
   H:680mm W:780mm D:480mm

 ■常備品
   木製の巣箱(左上)
   プラスチック製ホィール(左下奥)
   給水ボトル(左下手前)
   コーナートイレ(右下奥)
   齧り木(イナバが乗ってる木の台)
   ヒーター(冬のみ:右中央の白いヤツ)

この環境をベースに、いろんなグッズが増えては消え、消えては増えて…
と試行錯誤を重ねる日々。

抱っこが嫌いなイナバを部屋に放すと、捕まえるのが至難の技。(^^;
追い掛け回したり、無理に捕まえるとストレスで毛がごっそり抜けてしまいます。
1度その経験があり、それからは部屋に放すのはやめました。
(ケージから出したり出さなかったりは、チンチラにとって
ストレスのもとなので、どちらかに決めてしまう方がいいらしい。)
という事でホィールは必需品です。
金属製のもので怪我の経験がある為、真ん中に軸の通ってない
プラスチック製の物に買い換えました。かなり安全♪

category: 飼育用品のこと

tb: 0   cm: 0

What's Chinchilla?  

*チンチラってこんなの

げっ歯目の動物(ハムスターやモルモットと分類は一緒)で、南アメリカ原産。
アンデス山脈の標高3500~5000mの岩場に群れを成して生息しています。
毛がとても柔らかく高密度♪毛皮目当てに乱獲された時代もあったほど。
色はグレーがスタンダードですが、最近はパイドやブラック、シナモンなどなど
いろんなカラーのチンチラがいます。体型はずんぐりむっくりした感じ。

性格には個体差アリ。甘えん坊で、人懐っこいコもいれば、「触んないで!!」としっかり
意思表示してくるクールなチンチラも。(^^;
ウチのは後者で抱っこ嫌い。でも顎の下をゴロゴロされるのが大好きです。
なかには神経質なコもいます。大きな音や車での移動がストレスになったりする場合も。

ほとんど鳴きません。鳴いても小さな声でクークー言う程度。
嫌なことをされると、少しだけ大きくブッブッ!!と威嚇するように鳴きます。
それでも声の大きさは隣の部屋にほとんど聞こえない程度です。
ワシントン条約で野生のチンチラの捕獲、輸出入が禁止されているので、
ペット用のチンチラはブリーダーさんによって繁殖されたものです。


*チンチラの特徴

体長は25~35cm。しっぽの長さは15~20cm。
柔らかな毛皮とは正反対になぜか尻尾の毛だけ剛毛です。
体重は400~600g。一般にメスのほうが大きいと言われていますが、
一概には言えないようです。
私が見てきたチンチラは、みんなメスの方が大きかったケド…。

寿命は10年、15年、20年とも言われていますがやはり個体差アリ。
6~7年で亡くなってしまうコもいれば20年以上生きた例も報告されています。
暑さと湿度にとっても弱いので、日本の夏はチンチラに大敵!!
カラッと爽やか25℃以下がベストな環境です。
繁殖については経験がないのでなんとも言えませんが、いろんな面で難しいようです。
マウスは2週間くらいで子供を産むけど、チンチラの妊娠期間は100日以上。
「ネズミ算式」なんて言葉があるけど、チンチラは1度に1~4匹くらいしか出産しません。


*チンチラの飼育

とっても可愛いチンチラですが、可愛いだけじゃ飼うことは出来ません。
チンチラ飼育にあたり、必要な覚悟(?)をいくつかあげてみました。

1.お金 … 飼育用品に餌はモチロンのこと、病院代や真夏の電気代は相当なものです。
2.掃除 … 抜け毛も飛ぶし、毎日の砂浴びでケージ内はおろか、部屋まで粉まみれ。
3. 旅行 … チンチラに限らずペットを飼うということは気軽に家を空けられなくなります。
4.寿命 … 上手に飼えば20年一緒に暮らせます。最後まで責任重大です。
5.環境 … 長い人生での環境の変化。結婚、出産、引越し…いつでもチンチラは一緒です。

以上のことに全て対応出来るのであれば、チン飼いさんになれるカモ!?

category: チンチラとは?

tb: 0   cm: 0

目ヤニ、その後  

病院で貰ってきた目薬、先生には「1日3回点眼して」と言われたけど
あまりの嫌がりっぷりに多大なストレスを感じているだろうと思い、独断と偏見で
1日2回の点眼にすることにした。
いなばっちは夜行性なので、夜遊びまくる。回し車に乗ってたったかたったか走ってみたり、
オヤツを食べてみたり、ミネラル石を齧ってみたり、自分の巣箱を破壊してみたり…^^;
そうして一晩中遊び続け、ちょうど私が起きる時間には遊び疲れて呆然と
立ち尽くしてることが多い。(笑)
1回目の点眼は、この無防備な隙を狙ってササッと済ませる。
そして2回目の点眼は夜。9時頃になると昼間たっぷり休憩を取ったいなばっちが活動体勢に入る。
その時間に決まって毎日のゴハンをあげるんだけど、ゴハンの前にまずは目薬。
大好きなレーズンで上手く誘い出して、1粒を両手で抱え、美味しそうに食べてる至福の時に、
これまたササッと素早く点眼♪
こんな事を繰り返すうちに、いなばっちの目ヤニはだんだん出なくなってきた。良かったわ~♪

category: 病気やケガのこと

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。