178Blog

猫じゃないチンチラのぼんやり飼育日記

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

What's Chinchilla?  

*チンチラってこんなの

げっ歯目の動物(ハムスターやモルモットと分類は一緒)で、南アメリカ原産。
アンデス山脈の標高3500~5000mの岩場に群れを成して生息しています。
毛がとても柔らかく高密度♪毛皮目当てに乱獲された時代もあったほど。
色はグレーがスタンダードですが、最近はパイドやブラック、シナモンなどなど
いろんなカラーのチンチラがいます。体型はずんぐりむっくりした感じ。

性格には個体差アリ。甘えん坊で、人懐っこいコもいれば、「触んないで!!」としっかり
意思表示してくるクールなチンチラも。(^^;
ウチのは後者で抱っこ嫌い。でも顎の下をゴロゴロされるのが大好きです。
なかには神経質なコもいます。大きな音や車での移動がストレスになったりする場合も。

ほとんど鳴きません。鳴いても小さな声でクークー言う程度。
嫌なことをされると、少しだけ大きくブッブッ!!と威嚇するように鳴きます。
それでも声の大きさは隣の部屋にほとんど聞こえない程度です。
ワシントン条約で野生のチンチラの捕獲、輸出入が禁止されているので、
ペット用のチンチラはブリーダーさんによって繁殖されたものです。


*チンチラの特徴

体長は25~35cm。しっぽの長さは15~20cm。
柔らかな毛皮とは正反対になぜか尻尾の毛だけ剛毛です。
体重は400~600g。一般にメスのほうが大きいと言われていますが、
一概には言えないようです。
私が見てきたチンチラは、みんなメスの方が大きかったケド…。

寿命は10年、15年、20年とも言われていますがやはり個体差アリ。
6~7年で亡くなってしまうコもいれば20年以上生きた例も報告されています。
暑さと湿度にとっても弱いので、日本の夏はチンチラに大敵!!
カラッと爽やか25℃以下がベストな環境です。
繁殖については経験がないのでなんとも言えませんが、いろんな面で難しいようです。
マウスは2週間くらいで子供を産むけど、チンチラの妊娠期間は100日以上。
「ネズミ算式」なんて言葉があるけど、チンチラは1度に1~4匹くらいしか出産しません。


*チンチラの飼育

とっても可愛いチンチラですが、可愛いだけじゃ飼うことは出来ません。
チンチラ飼育にあたり、必要な覚悟(?)をいくつかあげてみました。

1.お金 … 飼育用品に餌はモチロンのこと、病院代や真夏の電気代は相当なものです。
2.掃除 … 抜け毛も飛ぶし、毎日の砂浴びでケージ内はおろか、部屋まで粉まみれ。
3. 旅行 … チンチラに限らずペットを飼うということは気軽に家を空けられなくなります。
4.寿命 … 上手に飼えば20年一緒に暮らせます。最後まで責任重大です。
5.環境 … 長い人生での環境の変化。結婚、出産、引越し…いつでもチンチラは一緒です。

以上のことに全て対応出来るのであれば、チン飼いさんになれるカモ!?

category: チンチラとは?

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://inabacchi.blog21.fc2.com/tb.php/2-45f1cc5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。